ホーム

お問い合わせ

代表ご挨拶

福井県鯖江市で2006年にサッカースクールを立ち上げました。この時は、学校の部活動にサッカー部を作りたい。子どもたちにサッカーをさせてあげたいという代表1名と5人の選手のご家族からの想いで始まったスクール活動でした。
日々の練習を重ねていくことで、地域からもっとサッカーをしたい。自チームでもっと活躍したいという選手が集まり、30名を超すクラブへと広がっていきました。
2017年には、U-15(中学生年代)、U-18(高校生年代)が新たに活動を始めました。
今までも地域に根差した活動を行ってきましたが、より地域に密着し、地元企業との協力体制を整え、地域活性化の一翼を担うクラブへと発展していきたいと考えております。

2017年7月 クラブ名称変更を行い、エンブレムを作製しました。
パトリアーレSABAE
パトリア=故郷(イタリア語)
アリアーレ=羽ばたく(ラテン語)
育成年代では、故郷から世界へ羽ばたく選手の育成を心がけて指導に携わっております。
日常のトレーニングをはじめ、地域のチームとの交流や、県外への遠征にて選手の心身を鍛え、現代に生きる豊かな・生きる力を育んでおります。

2018年1月 トップチームの創設、パトリアーレとしてリーグ戦参入します。
福井県1部リーグ:パトリアーレSABAEアルティマ(旧アルティマ鯖江)
福井県3部リーグ:パトリアーレSABAEフォルツァ(旧Forza Somma)
鯖江市に「地域全体が盛り上がれるチームの結成を」との想いから話し合いを重ね、共に活動していくことになりました。

また、生涯スポーツの観点から、シニアチーム、女子チームの創設も視野に入れて活動を行っております。

指導者1人と選手5人そして熱く温かい保護者さんたちサポーターの想いが、現在へと繋がり、コーチングスタッフ含め17人のスタッフと、100名のスクール生、U-15,18選手28名が活動しております。

この街にJリーグチームをつくる
「地元からJ」「鯖江から世界へ」をスローガンとし、皆さんと共に歩んでいけるクラブとして今後も活動していきたいと思っております。

挑戦の中に変化があり、可能になっていきます。
皆さんの1歩が、この地域をより発展させてくれます。
初めの一歩を大切に!共にチャレンジしていきましょう。

パトリアーレSABAE代表 田野正臣

ページのトップへ戻る